雪国の「場活師」としての挑戦! | 年末までにやりきっておきたい2つのこと

シェアする

スポンサーリンク




「場活師」ってどんな人?

「場活」とは

僕は”雪国の場活師”としてセミナーや企業研修を実践したり

自社内の改革や活性化に挑戦しているわけですが。

そもそも「場活」って何だ?

というふうに思う人も多いですね。

企業研修で受講してくださった方々は感覚的に

理解をしてくれていると思うのですが

間単にまとめると以下の3つを習慣や風土にすることです。

(僕の言葉で表現すると・・・です)

「場活」

・枠にとらわれない見方・捉え方

・本音のコミュニケーションで意見・意志を持つ

・自ら行動し周囲に影響を与える

これを創りだす行動をする人が「場活師」です。

師匠との出逢い  元祖!場活師

4年ほど前になります。

仙台で単身赴任で仕事をしていた頃

ある1泊2日の研修に召集され参加しました。

それが師匠との出逢いです。

僕は会社が選んでくる研修たるものは

何か・・・感じるものが少ないといつも思っていました。

そのときも今まで同様な研修で得るものがあったのか

無かったのか・・・みたいになるだろうと。

しかし、これはコーチングを学んだり実践でチャレンジしていた

それまでの僕にとって本当に革命的な出来事でした。

こんなに短時間で参加メンバーそれぞれの

本当の想いにアクセスし掘り起こすような。

あの感動と熱い想いが僕の中に強烈に残り

僕もこれを伝えたい、そのために行動する

と心に決めて今ここに至るわけです。

25年間ビジネスマンとして生きた中で

唯一無二! この研修で出逢った「場」は

他には絶対にないものでしたし魂が揺さぶられましたね。

年末までにやりきっておきたい2つのこと

「場活」をより多くの人に伝える

よく年末が近くなると振り返りに入る人がいます。

ここ数年の僕はちょっと違っていまして。

12月31日までに どこまでやりきるか!

つまり最終仕上げへの挑戦として捉えます。

あと何と何をやりきるか・・・です。

そして繰越になってしまうことと

新たなプラスONの目標が新年の目標へ。

11月は今週8日、9日と2日間にわたり

僕の師匠を招いて企業向けセミナーを開催します。

取引があるとか無いとか関係なく

地域の企業の皆さんに発信したい!

より多くの人に触れてもらいたい!

まずは全力で これを成功させます。

伝える人として実績を持つ

僕がセミナーや研修でお伝えしていることは

「場活」の熱い想いや感動がベースのあり方として

さらにアドラー心理学や自分の体験から得た学び

これらをわかりやすくお伝えしています。

2017年は僕が企画したセミナーや有料の企業研修など

当初イメージしていた計画は達成済みです。

だからこそ、もう一歩進んで挑戦し

実績を持つことを年内にやろうと思います。

「何のために」やるのか?

この場活との出逢いとシンクロして同時期に

僕は中村文昭という人物の講演と出逢っています。

講演会やCDで視聴してもらえればわかりますが

”ライトワーカー”になるためにやるんです。

自分が挑戦する姿が人に良い影響を与えたり

”あなたと出逢えて本当に良かった”

そう言ってもらえる人間なりたいと思ったから。

そういう人間になれたなら妻や子供たちは

僕を誇りに思ってくれる

そんな親父になりたいんですよね。

それに伴って生活も豊かになると

より有難いことだと思います。

そんなのキレイごとでしょ?

そう思う方も世の中には居ますよね。

それはそれでいいんです。

だって僕の「あり方」は僕が決めた

人生の「あり方」だから。

僕は自分を信じます。

誰かに信じて欲しいなんて思いません。

年末まで自分の「あり方」に従って

”ごきげん”を届けることを続けます!

one  love  !!

スポンサーリンク







シェアする

フォローする