“ごきげんパワー”を育む街「あおもり」エピソード①

シェアする

スポンサーリンク




「暮らしやすさ」指標の全国1位 3つのこと!!

今回からはシリーズでご当地「あおもり」の魅力を

総務省統計局の集計に基づいたデータとリンクしながら

僕なりの見解やエピソードを綴っていきます!

快適で便利に生活できる街偏 

①家賃が安い?

僕ら「あおもり」に暮らしている人達は

イメージ的には場所のわりに家賃高い・・・って

思っている人が多いかと感じます。

しかしながら総務省の統計で全国2位の

「マイホームを持てる」のランキングを見ると

総合的には”住む”ことに投資は低くて済む

そういうことなんでしょう。

まあ経済面ではそうなんですが

世界一の豪雪地域であるし交通の便など

いろいろ考えるとアウドドア派にはgood!!かも。

僕も冬の八甲田山に40分程度でいつでもいけるし

あんなに大きい野放しの自然のコースを体験できるところは

そんなには多くないでしょう。

②手に入る食材がおいしい?

これは誰しも納得の結果ではないでしょうか?

地元にいる僕らにとっても大きなポイントです。

統計では外食の頻度が少ないことも判断材料になっているようで。

それだけ近所のスーパーでも産直売店でも

気軽においしいものを即買える。

確かにこれは超ハッピーなことですね。

普段、食卓で食べれているものを

県外の方々に贈ってあげたりしても

喜ばれるくらいですから事実でしょう。

こういう環境がもたらす効果として

”平和”である時間が多いってことかな

家族の平和、友達の平和、コミュニティの平和!

高額で手に入れる時間がかかるものだと

プレミア感はありますが奪い合いになる感じが・・・。

だから「食」は本当に大事です。

③新鮮でおいしい魚が安く手に入る?

これも十分に認知されていることですね。

県外から来た客人の皆さんは必ず”魚介類”を

迷いなくリクエストされますもんね。

三方向に海を持つ本州最北端の土地

寒くて暗いイメージも強いですが

それを超えるだけの”海の恵み”があります。

いろんな魚介類のお刺身なんか食べたら

どんな方でも”ごきげん”になるのは当然!

だけど出荷されて築地に届いてしまったら・・・

僕らには手の届かない高級食材になってしまいます。

野菜も魚介も その土地ならでは。

最近は若き農業家、漁業家も多くなっていて

学びの場で出逢うことが多いです。

彼らはIT業界で働いていたりした経験をも生かし

「あおもり」生まれの”ごきげん”な食材を

全国に発信しチャレンジを続けています。

届けるものも”ごきげん”なら

携わっている人たちも また”ごきげん”

ひとつひとつの”ごきげん”のパズルが

ごきげんパワークリエイターの僕を

動かし続けていることに改めて感謝!

ごきげんな街「あおもり」 one love !!

スポンサーリンク







シェアする

フォローする