高校サッカー前橋育英に学ぶ | 想いを遂げたチームに感じる3つのこだわり

シェアする

スポンサーリンク




全国制覇!前橋育英高校から感じたこと

1月8日全国高校サッカー選手権大会。

テレビで最初から最後まで試合を観戦し

熱く感動的な場面の数々に酔いしれました。

僕もサッカーファンであり高校サッカーでは

ご当地の青森山田高校をずっと応援しています。

今回は3回戦敗退でしたが(*_*;

この青森山田高校サッカー部の黒田監督。

ご自身の長年にわたる苦労や執念を

書籍としても発表し講演などもしています。

僕も直接お会いしたのですが

とにかく結果を求める、人間教育ありき。

そして謙虚で常にチャレンジする。

黒田監督も「技」が上手いの前に

サッカー選手としての「あり方」を重視し

選手を起用しているという徹底ぶり。

全国制覇を成し遂げる指導者、チームは

本当にシンプルに「腹」が決まっていて

「腰」を据えて練習、試合本番に向かう。

本当にブレないことが強さだと感じました。

「何のために」勝つのか?

昨年、準優勝だった前橋育英高校。

僕が応援する青森山田高校に大敗した昨年。

選手たちが悔しいという想いは当然です。

そこにもうひとつの想い。

山田監督に優勝をプレゼントできなかった。

皆が敬愛する・・・この人に。

今回の大会、特に決勝戦で

選手たちの山田監督に対する想いが

プレーと姿勢から誰しもに伝わりましたね。

自分のためだけじゃない。

誰かのため、大切な人を喜ばすため

そんな原動力がチーム全体にありましたね。

ビジネスの世界でも同じです。

僕が企業研修などで示すゴールデンサークル。

一番中心に「WHY/何のために」がある。

この「何のために」の想いが強く

チーム全体に浸透しているほど

技術・身体を超えたパワーになる。

今回の彼らは圧倒的でしたね。

自分の得点記録や自己アピールを気にしたら

ゲーム展開はだいぶ違っていたでしょう。

僕は彼らの一番の「WHY」は

”山田監督を優勝監督にする”ことで

監督や先輩達に恩返しする”だと感じました。

本当に最後まで集中していましたね。

どうやって勝つのか?

僕はサッカーの指導者ではないので

一般的な見方として感じたことですが

「HOW/どうやって」勝つかも徹底してましたね。

ズバリ徹底的に”守る”=失点をしない。

解説の中でも頻繁に紹介されてました。

ゆるぎない姿勢として誰が見てもわかる。

そのぐらい強い意志を感じたし

チーム全体のパワーとなって

最後の最後まで守りきったと思います。

何のために・・・に続く”どうやってやるか”

昨年の決勝戦での5失点という結果・事実を

俯瞰したときに「守る」になったんだろうな。

こういう自分、チームを俯瞰してみることも

コーチング的には大事なことですね。

冷静に見て考えて認識する「メタ認知」ですね。

何に徹するのか?

何のために・・・

どうやってやるか・・・

この腹が決まったら最後に

何をするか?(徹するか?)

これを決める必要がありますね。

「WHY、HOW、WHAT」の最後に。

戦術的な取り組みや選手の起用など

サッカー的なアプローチは様々あったと思います。

最後は”心・技・体”の「心」メンタルですかね。

青森山田高校の黒田監督も自身の著書で

心技体の中でも割合が最も大きく重要なのは

「心」だと解説しています。

具体的な数値で100%のうち50%が「心」だと。

後半の時間が終わりアディッショナルタイム3分。

本当にこの最後の最後まで”集中”を続け

自分たちの”信念”を魅せ続けた。

その結果が最後の決勝ゴールであり

また守り切ったという結果に繋がりましたね。

やはり「心」メンタルの力は偉大です。

ビジネスの世界でも同様に

メンタルの力が及ぼす影響は大きい。

技術や素質も確かに影響はするが。

僕は”ごきげんパワー”という

一種のメンタルへのアプローチで

地域を日本を世界を楽しくしたいと思います。

スポーツ、ビジネス、文化・芸術・・・。

すべての分野で進化し続ける皆さんに

”ごきげんパワー”を!!  one  love !!!

スポンサーリンク







シェアする

フォローする