時間とお金どうやって使う? | 生きていくうえで大切な2つのテーマ

シェアする

スポンサーリンク




消費と投資どっちかな?

時間は有限!

かぎられた時間はどう使うか

時間はみんな平等である。

よくいわれたことだと思います。

たしかにそのとおり。

やはり身近な人の死にふれたり

誰かの物語を聴いて感じたり。

そういう人たちは意識してますね。

僕も19歳のときに友人を亡くしました。

深夜の車の事故で。本当に突然。

信じられる余裕もなく受け入れられず。

事故の直前、最後に会ったのは僕。

僕のバイト先に顔出した帰り道でした。

もう少しバカ話して時間がズレていれば。

そういうふうに思った時期もある。

だけど彼に恥じない生き方をしようと

いつしか思うようになりました。

就職活動をいっしょにしている時期で

彼は営業の仕事をしたいと常に話していた。

僕はだんだん彼に感化されてきました。

彼は亡くなったが・・・

地元に戻り営業の職に就いた。

彼の墓は仙台のお寺にある。

TOP営業の表彰は仙台でやっていた。

だから表彰を何度も獲ろうと努力した。

そして仙台に行くたびに

自分の活躍の報告で墓参りに行く

そしてまた来ると誓う。

数年前、仙台のマネージャーとして

単身赴任することになったのも

ある意味で必然だったのだろう。

ぼんやりする時間は今でもあるし

分刻みで行動することが正しいとも思わない。

ただ自分らしく良いと思う時間。

そういう時間の使い方をしたい。

明日死ぬかもしれない・・・と

ときどき思うし出逢った人への感謝がある。

”かぎられた時間”は

”自分らしい”使いかたをする

これが”ごきげん”流!!

お金の使いみちは本当にそれでいいのか

25歳くらいからお金の使い方が変わった。

それまでパチンコしたりキャッシングしたり

暮らせているから、まあいいかという感じ。

営業としてTOPセールスに向かって

ステップアップしていくのと合わせるように

お金の使い方も変わっていった。

本当にムダ使いをしなくなり

仕事の道具は良いものを買う。

お金の使いかたのメリハリが出てきた。

そうして同じように時間の使い方も

メリハリをつけれるようになった。

パチンコはとっくにやめていたし。

このころになると誘われるままに

サッカーやボディーボード、スノボなど

アクティブなことに多くの時間を使っていた。

そのころの生活のリズムや思考の変化が

いい方向に向いていたから引き寄せるように

新鮮な経験、楽しさ、仲間との時間が増えた。

時間とお金の使い方がかわっていき

人生のリズムがかわっていったことで

いつも良い心の状態でいれるようになった。

僕をヘッドハンティングしにきた

リクルーターの方から言われたことば。

「時間とお金は ”消費”か”投資”どちらかだ」

例えば居酒屋で同僚と飲みにいき

不満をいいあって人のせいにして

ストレス発散してるののは

時間の”消費”

居酒屋で同僚と飲みにいき

これから自分たちがどうやって

この会社おもしろくしてやろうか

熱く語りあっているのは

    時間の”投資”

どっちにしても、その人の価値観によるけど。

決めるのは自分の心、つまり自分軸

時間とお金の使い方がかわり

どんどん自分らしく進化でき

自分のキャラクターが確立してきた。

そして誰かの相談にのったり

心のケアをしてあげたり

背中を押すように勇気づけたり。

そんな様々な出来事、経験すべてが

今の僕を創ってきたし感謝でいっぱいです。

企業研修やセミナーでも

出逢った人の踏みだす一歩!

その勇気やキッカケになりたい。

そうして”ごきげん”な人が

世界中にあふれていけば

きっと戦争や悲しい事件はなくなる。

「決めるのは自分」ということに尽きますね。

本当になりたい自分をいつも探していくのもいい。

まわりの人たちの期待に応える人生もいい。

「自分軸」はどんな感じだろうか?

ときどき振り返ってみましょう!! one love !!!

スポンサーリンク







シェアする

フォローする