安心できる場所もってますか? | 自分をニュートラルにできる3つの空間

シェアする

スポンサーリンク




ほんとうの自分でいられる時間って大切!

僕らは生きていく中で

「場」によって緊張したり、くつろいだり

本音と建前みたいなものがある。

つい先日、30年以上のつきあいで

今でも定期的に飲み会をする仲間と

一緒に過ごしました。

近況を語らったり昔話したり。

とくに大きな話題があるわけじゃなく。

ただ飲んで笑っているだけ。

そんなときに ふと想った

”安心”できる「場」について

今日は書こうかな。

もっとも安心できる実家という「場」

なんだかんだいっても

多くの人が”実家”では

安心してくつろげるでしょう。

生まれ育った場所だし

家族がいるわけだし

空気の匂いとか空が変わらない

僕はまだ両親も元気で

兄弟たちも近くにいる。

実家もそのままの状態で。

よく考えると幸せなことです。

年齢によってはご両親が他界されていたり

引越しや何かの事情で違う”家”の場合もある。

家族が遠くに離れ離れになってるとか

もしかしたら、そういうものが存在しない・・・

そういう人もいるかもしれない。

だから家族、実家がある人は

本当に大切にしていきたいですね。

ちょっと顔出すだけでもいい。

たいそうな用事なんていらないから。

仲間たちは自分をつつんでくれる「場」

仲間といっても様々。

長年のつきあいの仲間たちや

仕事の場、学びの場で出逢った仲間たち。

きっと自分が認められているから

無意識のうちに安心感がもてる。

自己受容できる場所ですね。

とくに長年つきあっている仲間は

自分のいいところも悪いところも

よく理解していて率直に言ってくれる。

しかも今まで苦労したことや

人知れず努力してきたこと

悲しかったこと、嬉しかったことを知ってる。

だから忠告されても受入れやすい。

なんとなく納得できてしまうんだよな。

100%というわけではないけど。

そしてバカにしているようだが

実は応援してくれていて誇りに思ってくれて・・

いると信じたい (^_^;)

だから一緒に飲みいくと超酔います。

そろそろ年齢的にも気をつけねば・・・。

リラックスして自分に向き合える「場」

家族、仲間はもちろん大切。

だけど短い時間でもいいので

自分ひとりになる時間も必要です。

超さみしがりやで一人でいれない・・

そんな人もいるかもしれません。

それはそれで心が整えられるならOKですね。

僕の場合は自分ひとりになり

ぼんやりするというか、考えごとする

そんな時間を定期的に創っています。

スターバックスが提唱する理念

家でもなく職場でもなく第三の場所。

サードプレイス”というわけです。

もちろんスタバも良くいきます。

あとは自然の中や温泉が多いかな。

夏は海に寝そべり冬は八甲田山でスノボ。

チャレンジをし続けるからこそ

安心できる「場」を心が求める。

そんなバイオリズムになってるのかな。

しずかに振り返ってみると

安心できる「場」が

こころに与える影響は大きい。

そんな「場」や時間をもつことで

自分が好きでいられるし

人を信頼しようと思えるようになる。

そして誰かにちょっとだけでもいいから

貢献していきたいなって思えるようになる。

安心の「場」に感謝し大切にして

世界が”ごきげん”であふれますように!

one love !!!

スポンサーリンク







シェアする

フォローする