想いは成果になってくる! | ”ごきげんパワー”研修の1年後はどうなったのか?(新入社員研修編)

シェアする

スポンサーリンク




はじめての”ごきげんパワー”研修から1年・・・成果は?

あれから1年たった今、新入社員の定着は?

僕が社内起業的にはじめた

”ごきげんパワー”研修!

有料で正式にオーダーいただいてから1年。

今日は新年度に向けた社員育成の

想いをヒアリングするために

クライアント顧客へうかがいました。

1年前、高卒の新入社員さんたち

約13名への研修を担当しました。

それが有料では はじめての実施。

ご依頼いただいた役員の方から

当時の研修のゴール(想い)を聴き

コンテンツを組み立てて本番に臨みました。

「新人どうしの絆を創ってやってほしい」

これが僕に研修を依頼してもらったときの

常務さんの想いのコアな部分です。

粋に感じました・・・その瞬間。

僕にしかできないだろうと。

ぜひともチャレンジしたいと。

こういうテーマで引き受ける

一般的な研修講師はいないでしょう。

だからこそ価値がある。

研修コンテンツを構成し

イメージや妄想を膨らませて

ワクワク感120%で研修の前日になった。

僕はふと社内にいた若手女子社員に

なんとなく目がいき、声をかけました。

3年前に新入社員だったな、この娘も。

「1年目のときって どんな感じだった?」

ストレートに聞いてみた。

僕は直接の部下として育成に夢中だったので。

「あのころは何もできなくて・・・」

「自分はダメなんだ、役に立たないんだ」

そう思うことが多く泣いたときもあるという。

とくに叱責されたりしていなくても

先輩たちがサクサクできていることが

自分はできない・・・。

今思えば新人なんだから あたりまえだけど。

そのときは早く覚えなきゃという焦りもあり。

自己肯定感がもてなかったみたい(ーー;)

それを聞いた僕はリアルな新人の悩みを

実例として研修の受講者に伝えることにしました。

そんな彼女も今は頼れるメンバーになってるよ!って。

フルメニューの研修を終えて

夕方の最後の挨拶でこの想いを伝えました。

「できなかった自分を許してあげよう」と。

常務から「昨年の新人さんたちは

なんとか退職しないで今もがんばっている。

あの研修の効果かな・・・(*^。^*)」って。

ほんとうに有難い出逢いであり

尊い経験だったと感謝、感謝、感謝です。

3年間のステップアップ計画は?

そんなわけで この常務さんからは

3月の新入社員研修、さらに3年間の

継続メニューの提案依頼を受けました。

考えてみると そのとおりですね。

入社したとき1回だけ僕の研修を受けても

時間が経つとともにお互いに成長し進化する。

この3年間計画はきっと他の企業からも

提案依頼があると思うので週末に瞑想しながら

じっくりと考えていこうと思います。

自己肯定感をもてること

行動定着できること

人を信頼し、信頼されチームとなること

そして”ごきげん”な自分と仲間と

ワクワクのチャレンジをし続ける精神!

”場活ごきげんパワー”をもてるように。

雪国の場活師! まだまだ進化しますよ!!

One Love !!!

スポンサーリンク







シェアする

フォローする