成功哲学17原則について考えてみる|今ここから感じるナポレオンヒル フレーズ4 「与える人になる」

シェアする

スポンサーリンク




ナポレオンヒル成功哲学17原則

つい先日、アチーバスを体験した。

ボードゲームの一種のような。

以前から気になっていたのだが。

企業研修をやっていると

この凄さ、良さが一瞬で府におちる。

そうして学ぼうと決意した。

メンタルのパワーを開く

「ごきげんパワー研修」と一対で

想っていた形を描けそうだと確信したので。

そこで自分自身が暗黙知として

脳にインプットするために。

誰かのプラスにもなると思うから。

フレーズ4 「与える人になる」

与える人とは?

与える人と言っても…

なにをもって”与える”なのか

捉え方はいろいろですね。

お金やモノじゃない…と

すぐに思いがちですが

募金や支援物資という手段もあるし。

影響を与えるという捉え方もありますね。

その場合は もちろん いい影響のこと。

間接的にも与えられますね。

シンプルに言い換えれば

気配り、心配りなのかな。

その型が どう表現されるか。

だからお金がなくても 時間がなくても

表現の方法を考えればできる。

それを行動にしている人が”与える人”

僕ができている”与える”は?

さて僕が与えているものは…

ズバリ! ごきげんパワーですね。

今は これが 天命だと思ってます。

それは会話のひとことでもできるし

毎日の生活で少し気遣うことでもできる

究極は ”逢う”だけでもできる!

つらい感じの場だったら 笑いをとる

ついでにプラスoneのことをしちゃう

また逢えたね! 元気でるわ!と言ってもらえる。

これは使う言葉で変化するし

いいと思ったら すぐに動いてしまうし

とにかく喜ばそうと思ってなきゃできない。

これって お金も時間もかからない。

やろうと思うかどうかだけですね。

損得を考えたら ぜんぶ やらないですよね。

でも無理にやることではないので

見返りは求めない、好きでやってます…

そう考える人の特異な技ですね。

だけど こういうふうに与えた想いは

必ずめぐって 自分に戻ってきます。

だから また 与える行動をしちゃいます。

受けとる人はどう感じる?

余計な おせっかいだ!

自分でやるからいい!

そう思う人、受け取る人もいるでしょう。

それは その人が 感じたことです。

だから 無理に 受け取ってほしいと

思ってはいけませんね。

素直に喜んでくれる人に

与えていくことで その人も

また誰かに与える人になっていく。

世界のやさしさは そのループから生まれるのかも。

”ペイ・フォワード”という映画があります。

まさに その世界観!与えるの連鎖が起こっていく。

そうやって めぐりめぐっていき

ほっといて!だった人にも

’’与える’’の気持ちが生まれていくといいですね。

ストレートな意見やアドバイスで

厳しくも”気づき”をもたらす。

そんな 与える方法もありますね。

ただし、そこに愛があれば…ですが。

小さなことでも何かを与える人になろう!  one love !!!

スポンサーリンク







シェアする

フォローする