成功哲学17原則について考えてみる|今ここから感じるナポレオンヒル フレーズ6 「まず自分がやる」

シェアする

スポンサーリンク




ナポレオンヒル成功哲学17原則

つい先日、アチーバスを体験した。

ボードゲームの一種のような。

以前から気になっていたのだが。

企業研修をやっていると

この凄さ、良さが一瞬で府におちる。

そうして学ぼうと決意した。

メンタルのパワーを開く

「ごきげんパワー研修」と一対で

想っていた形を描けそうだと確信したので。

そこで自分自身が暗黙知として

脳にインプットするために。

誰かのプラスにもなると思うから。

フレーズ6 「まず自分がやる」

行動することで伝わる!

どんなに言葉で表しても

どんなにいい言葉でも

相手に本当に伝わらないと意味がない。

最近になってようやくこの意味を

理解できたような気がします。

振返ってみれば行動できていたことが今に繋がっているし。

アチーブメントの青木さんも良く講演で

そんなことをお話しています。

その一部をここでも紹介しますね。

ご夫婦の話で 旦那さんが 奥様を愛している

大事に思っているんだ・・・と言葉では言う。

しかし 朝、ゴミ出しして!といわれるとやらない。

奥様を大事に思っているならば

快くゴミを出しにいく・・・という行動!

そうやって行動で示しなさい!という話。

確かに!って思うんですよ。

自分でも身に覚えがあるからです。

だから ときどき 思い出して”行動”するべし。

リーダーとボスの違い!

リードマネジネント or ボスマネジメント?

マネジメントを学ぶときに こんなテーマがあります。

あなたはリーダーなのか? ボスなのか?

どっちがいいとか悪いではないと思います。

ただ目指す人それぞれの考え方や状況による。

僕はリードマネジメント派です。

図解でみれば すぐにピンときます。

今の時代のビジネスシーンや組織運営では

リードマネジメントのほうが良く合いそうだと思う。

ボスは 指示、命令で人を支配する感じ。

リーダーは自分が先頭にたって行動を見せながら

牽引していく感じですかね、間単に言うと。

僕は さらに リードしながらも

チーム(集団)の いちばん 後ろにわまり

全体を押し上げていくことも意識はしています。

一歩目を踏み出す勇気!

行動をおこすには勇気が必要ですね。

今までやってなかったことをやるわけなので。

その勇気や勢いみたいものを持てない人も多いです。

これはコーチングをやっている人たちの分野。

良く聴きながら 方向性を見出していき

最初にできそうな一歩をみつけて背中を押してあげる。

自然に出てくる ”きっかけ”で動けることもあるが

人生には時間という軸があります。

限られた人生の時間の中で 自分らしく一歩を踏み出す。

そんなお手伝いができる、自分も刺激をうける

そんな”場”をつくるのが 「ごきげんパワー研修」の目的。

特に会社、組織、チームで体感するからこそ 皆で体感できる。

日本中のいろんな街へ行き ススミダス一歩をつくる

そうして ”出逢って よかった”といわれる人になる

そのために今ここから やっていることが僕の”行動”です。

自分とだれかのために ”まず自分が行動する!” one love !!!

スポンサーリンク







シェアする

フォローする