成功哲学から考える no.11 「一つのことに集中する」 | フローになろう!

シェアする

スポンサーリンク




アチーバス!と成功哲学17原則

企業研修をやっていると

この凄さ、良さが一瞬で府におちる。

そうして学ぼうと決意した。

メンタルのパワーを開く

「ごきげんパワー研修」と一対で

想っていた形を描けそうだと確信したので。

そこで自分自身が暗黙知として

脳にインプットするために。

誰かのプラスにもなると思うから。

no.11「一つのことに集中する」

あれもこれも・・・になってない?

僕はときどき あれもこれも やりたい!

そんなふうになっちゃいます。

そうすると集中力が散漫する (ーー;)

あたりまえのことだが。

こういう状態を「ミーハー」だと言われたり。

言われることは別にイヤではないけど。

下手の横好き?とも言われたりして (ーー;)

そしたら上手になったらいいのか!

そういう単純な思考もミーハーなのだろう。

だけど僕の人間力にプラスになってることもある。

それやったことある!とか知ってますよ!とか。

こうやって周波数があうと人は嬉しいもんです。

どんなことなら集中できる?

ひとつに集中するって なかなか無いな。

かならず雑念が入ってきたりするものです。

修行が足りないか。

ずっと集中し続けられたときは

どんな場面だったのだろう?

大人になってからは あまりない気がする。

こどものときは何時間も夢中になって

時間を忘れて 空腹もわすれて

親に呼ばれるまで遊んでいたことがあるでしょう。

純粋に楽しいと思えること

ワクワクすること

仲間とともに何かに向かっていること。

きっと そんなことに 集中できていた。

大人になってから まわりの目や

社会人として・・・とか、背負うものがあって・・・とか。

いつしか”はっちゃけ”られなくなった自分になってるのか。

また 一心不乱に 夢中になれる時間を持とう!

フローになろう!

コーチングなどの用語で重要なキーワード

「フロー!」 またはゾーンとも言いますね。

わかっているけど コントロールできないものです。

僕も学び続けているコーチングの世界。

何事もシンプルに捉えて腹落ちしたい僕は

根っこは何なのか 最近よく考えます。

僕らは日本人なので”和”の心・精神がある。

「腹を決める」 「腰を据える」

そんな覚悟の上にフローがあると今は思う。

それはブレない強い軸のようなもので

軸があるからこそ 周囲の雑音・・・

つまり否定や批判などを気にしない状態を創れる。

自分の正直な気持ちにしたがって

どう思われようが気にしない。

そして誰も悲しませない・・・ これが「ごきげんフロー!」

”ごきげん”でいることにも覚悟がいります。

”ごきげん”に腹を決める人が増えて

世界が”ごきげんフロー”になりますように!

One  Love !!!

スポンサーリンク







シェアする

フォローする