成功哲学から考える no.14 「ヒラメキのチカラ」 | 発想から行動へ!

シェアする

スポンサーリンク




アチーバス!と成功哲学17原則

企業研修をやっていると

この凄さ、良さが一瞬で府におちる。

そうして学ぼうと決意した。

メンタルのパワーを開く

「ごきげんパワー研修」と一対で

想っていた形を描けそうだと確信したので。

そこで自分自身が暗黙知として

脳にインプットするために。

誰かのプラスにもなると思うから。

no:14 「ヒラメキの力」

仕事でも遊びでもアイディア出しは

意外にも大変だったりしますね

僕も以前はまったく発想できなかった。

自分の思考の範囲が狭いというか

経験がすくなかったからかもしれない。

あとは考えが凝り固まっていたのかも。

きっと子供のころは誰しも

なんの制限もなく発想していただろうな。

どこかで蓋をすることが習慣になり。

それが”あたりまえ”になっていった。

僕らはもう一度、蓋をあけて

殻をやぶりワクワクする思考を

とりもどすべきなんじゃないかな。

そんな想いも心に秘めて

”ごきげんパワー”研修・セミナーを

僕もチャレンジしています。

”発想”が湧き出るときはどんなとき?

アチーバスのゲームの中でも

体感できることですが

僕らが発想しやすい状態があります。

それは”遊んでいるとき”と

”窮地にたたされたとき”の2つです。

すごく成長する状態でもあります。

そういう意味でアチーバスは

まさにテーブルの上でカードを使う

手軽でありながら”ヒラメキ”を得る。

こういう体験が”一期一会”で起こる。

だから、何度もやればやるほどに

楽しさや気づき、学びが得られるわけですね。

家族や友人、同僚とやってみるのもいいですよ!

生活に直接、関係するからこその

気づきが人間関係をも良好にしていくでしょう。

”行動”をするときはどんなとき?

いろんな気づきがあり「ハッ!」と思って

そこから行動するかどうか、できるかどうか

これが さらに大事になりますね。

この行動するという部分では

多くの大人たちができていないと思うのでは?

まあ自分がずっとそうやって生きてきたので。

コーチングでも良くセッションでやりますが

行動をしていくために”ゴールイメージ”を

リアルに描くことが必要になりますね。

僕の実体験でいくとヒラメキからの

行動そして達成には”リアル妄想”がありました。

この妄想ができないことは達成できてません。

これは仕事も遊びも同じです。

だから居酒屋てっぺんの大嶋啓介さんが

”予祝”をしましょう!と薦めているのが

とても腹に落ちますね。

だから企業研修やワークの場面でも

予祝をとりいれるようにしています。

たとえば営業の仕事なら

TOP表彰を獲得した表彰式のステージで

スポットライトを浴びているシーン。

周りの人たちから憧れの眼差しで

拍手喝采を浴びて照れている自分の姿。

そしてステージから見える景色そのもの。

こういうことをよりリアルに

”妄想”できたときに自然と身体が動き

どんどん行動をしていきます。

この状態に無理やプレッシャーはありません。

そうやって僕も目指す姿を

実際に達成することができたし

今の姿も まさに イメージどおり。

もしかして イメージより進んでいる。

人生がおもしろくなるきっかけになるであろう

”ヒラメキの力”のスイッチを入れるなら

アチーバスをやってみることオススメします!

ヒラメキ、行動が”ごきげん”を創る! One Love!!!

スポンサーリンク







シェアする

フォローする