企業研修レポート | 新しい仲間たちへ伝えたい3つの心構え

シェアする

スポンサーリンク




”ごきげんパワー”研修~新入社員の巻き

はじめての挑戦! 60分間コーチング

今回は最近の出来事でもある企業研修でのファシリテーションについて。

僕の研修やセミナーは主に同じ立場である

マネージャー職の方へ実施することが多いのです・・・。

最近は同じ企業から新入社員、管理職、次世代幹部候補と

その階層ごとに依頼されるケースが多くなっています。

ある意味では期待されているし 試されている。

そんな中でも今回はなんと60分間での依頼をいただきました。

「短い」

だけど期待に応えたいし予測を上回ることができたときに

きっと喜んでくれるだろうし「ごきげん」になってくれるだろう!

そう思うとワクワクが止まりませんでした。

いつもの50%の時間と50%のワークで挑む!

僕の研修の基本的なコンテンツは・・・

4つのワークで体感しながら 振り返りの中で理解をする

いわゆる「身体知」という学び方です。

要する時間も3時間~4時間が定番。(最適人数は10名程度)

今回60分間で新入社員さんへ向けてということで

悩みに悩みましたが通常の半分である2つのワークと

通常の半分以下である1つのワークあたり30分という時間。

メッセージポイントやキーワードを整理して研修当日へ。

そうしてイメージを具体的に描いていくと やればできるものです。

質も落とすことなく・・・しっかりメッセージを伝えられたと思います。

僕自身の部門方針やビジネスマンとして大切にしている「あり方」は

ブレずに今もやっていけてるので。

その「あり方」から派生した3つのポイントを軸に進めたわけです。

新しい仲間たちへ伝えたい3つの心構え

 Communication コミュニケーション よく聴く

新しい職場でスタートするとき。

転勤なども同じことですが当然、新しい人(知らない人)と話す

ということが必ず出てきます。

コミュニケーションについては書籍やセミナー、研修

さらにはスクールまでありますね。

僕の場合は直接的にコミュニケーションについて・・・

というふうにはやりません。

ワークを使って「よく聴く」ということを身体知で学ぶ。

そうして自然にわかっていくというのが僕の目指すところ。

こういうワークでは今までの経験でどんな人でも

楽しくリラックスして普段より話せる=相手のことも聴ける

そういう状態になることができます。

聴くウェイトが高いと不思議とコミュニケーションは

スムーズに快適にできるものです。

僕自身も仕事でイケイケ・ドンドン喋り倒す手法はキライです。

sense センス 感じる

「センス」という言葉は天才的な才能やオシャレな感覚が強い・・・

みたいなイメージで一般的には捉えていると思います。

僕が想う「センス」は ズバリ”感じる力”です。

映画「6sense」に近いですかね。(僕は霊感は無いですが)

人と人の会話や そのとき そのときの表情や

目には見えないけど一種の”波動”のようなもの・・・

これを感じとれると良好な人間関係になりやすいですね。

「空気を読む」ともちょっと違う感覚なんです。

ワークをしていく中で「感じとる力」って大事だな・・・

そう思ってもらえればいい。

さすがに感性を研ぎ澄ませる研修ができるわけではないし

お寺の修行などと違い会議室や研修ルーム、小さなイベントホール

そんな場所で、空気感でワークをしますので。

また目的も「修行」ではないわけでして・・・。

response  レスポンス 今できることをやる!

コミュニケーションやセンスについてワークを通じて体感し

受講者の皆さんが感じるものが「身体知」として吸収される。

だけど、その先が大事なんです。

「行動する」

これ・・・実はやれてない人が多いんです。

僕も以前はそうでした(ーー;)

だから僕は研修の終わりにアンケートや締めのワードで

受講者皆さんに「行動」がしやすいようにきっかけを創ります。

アンケートは単純です。

8項目ある設問の最後の質問はズバリ これ!

「明日からチャレンジしてみようと思うことは?」

結構書いてくれます。できそうなことを書いてくれます。

そういう人は明日必ず「行動」しますよ。

そして動機付けのために心に届くメッセージを。

今回は古い話が題材でしたが ずっと前の大相撲の千秋楽の話。

貴乃花関が足の故障にも負けず千秋楽で感動の1勝! そして優勝!

そのときの小泉首相のトロフィー授与式の言葉を使い伝えました。

あの映像を観るとわかりますが場内が大歓声に包まれるほど感動的。

【Iメッセージとyouメッセージ】

小泉首相の言葉

「痛みに耐えてよくがんばった!」

「感動した!おめでとう!」

この上段の1行は youメッセージです。

あなたは がんばったよね!という youが主となっている言葉。

それに対して下段の1行は Iメッセージです。

わたしは 感動したよ! という Iが主となっている言葉。

この”Iメッセージ”があることによって感動が生まれたんです!

毎日の生活の中でも ”Iメッセージ”を意識して

”ごきげん”な毎日を!!!   one  love !!!

スポンサーリンク







シェアする

フォローする